Do you need me ?

彼が深く悩んでいたことを知った私ですが、
彼の体調を心配する半面、大きな不安に際したとき
私を頼ってくれないむなしさを感じました。
それでも、彼はメッセージを毎日のように書いてくれて、
私を見つければ話しかけてくれる毎日が数日続きました。
それなのに、私ときたら自然に笑うことも、
楽しい話をすることもできなくなってしまいました。
義務感からのコンタクトなんて嬉しくないし、
うわべだけ取り繕うこともできなかったし、
したくなかった。
自分でももてあましてしまう消化不良な気持ち。
子供が駄々をこねるように、不機嫌で満足していないことだけを
表情や文面ににじませる私。・・・最悪。
私自身どうしたら乗り越えられるのか、さっぱりわからなかった。
こんなのじゃダメになっちゃう!
自分でもわかっていないことを、ただ我慢してやり過ごしたり、
彼に丸投げして解決してもらおうなんて
ちっともフェアじゃないもの。
やっとそこまで気持ちを進めて、自分の気持ちを
伝えてみた。

私は君にどんなときでも必要とされたい。
それは、楽しいときだけじゃなくて、辛いときもそばにいるよって意味なの。
離れているから、不安を聞かせてもらったとき
何もできなかったとしても、やっぱり頼ってほしいよ。
でも、君はそうじゃないみたい。
今回のことで、私の存在は君の人生のオマケであって、
必要なものではないように感じたの。
愛されていると、うまく信じられなくなってる。
君が辛いときに優しくできなくてごめんね。
私は、いつもあなたの心の中にいたいよ。

自分が不安を話して、君が俺の心配をする。
それはしたくないことだった。でもこれからは、話せるように頑張ってみる。話さなかったことは俺の間違えだって今はわかっているし、
君を信じていないとかそういうこととは全く関係のないことだ。
確かにI need youとは思っていない。これは、
『あなたがいないと何もできない』という意味だから。
でも俺の人生に君はいてほしいんだよ。I want you.
それに、不安になるきっかけは色々でも、
君は決まって俺の気持ちを信じられなくなるよね。
それはどうして?考えてみたことある?
俺は精一杯愛しているけど、『完璧な彼氏』じゃないから・・・。
何がほしいの?
君はいつも心の中にいるよ。それを伝えることが出来ていないみたいで
悲しいよ。
君だけが我慢することは、俺にとってだって幸せではないんだよ。
もし、頻繁に連絡が必要なら、メールの回数を決めたり、
チャットする曜日を決めよう。

私がほしもの・・・。わからない。
何もいらない。もしルールを決めたら、ルールがあるから
従っているんだって気にして、楽しくないと思うんだ。
このまま話してても意味がないかも。
もう仕事始まる時間でしょ?どうぞ始めて。

このまま話を終わらせる気!?
ちゃんと話そう。今までもそうしてきたでしょ!?
何もほしくないなんて嘘でしょう?
ここからはtocoの問題だよ。どうしたいのか考えてみて?
俺が何をしたら、君を喜ばせることができる?
一番ほしいものは何?

抱きしめて愛していると言ってほしい。
げげっ!彼が言っているのはこういうことじゃない!!
そんなのわかってるのに、ほしいものを純粋に考えたら
口をついて出てしまった・・・。
え?出来ないことを言って困らせるつもり?
違うの。ただ本当に思っちゃっただけ。
ケンカしたい訳じゃないし、一緒に過ごしてた時みたいに
穏やかにいたいだけ。君の言葉を、君の愛を
そのまま信じたいだけ。抱きしめてくれたらきっとそれが
できると思ったの・・・。
愛してると言ってくれたときに、I knowと笑顔で応えられるように
いつかなりたいと思ってる。それから、『完璧な彼氏』なんて
ちっともほしくないからね。今の君は私にとって特別だから
それだけで充分。

今のを聞いて本当に抱きしめたくなったよ。
この気持ちを感じてね。それから、I knowは良い考えだね。
君も俺にとっては特別なんだよ。だから自分が優しくない時にも
落ち込んだり、ましてごめんねなんて言うのは無しね。

I love you so much.
I know :)and me too.

これが事の顛末です。
私が変わったことといえば、前のように頻繁にメッセージは
送らなくなった。送りたいときだけ送る。
連絡の頻度とは関係なく、彼はいつも心の中にいるし、
私もどうやら彼の心に住み着いているようだ。
(まだI know とは言えないけど:P)
どうしても話したくなったらいつだって応えてくれる。
二人の問題を乗り越える努力を、二人とも惜しまない。
なんて素敵なことかしら!大事にしよう。
[PR]
by toco_22 | 2005-05-04 22:31 | 私のこと
<< 作戦成功? 彼が一人で抱えていた不安。 >>