帰国のこと

またまたお久しぶりの更新ですな。
この間何をやっていたかというとですね、7月中旬に帰国しまして
彼と私の家族との初対面をしました。
今でこそすっかり打ち解けていますが、始めのうちはなかなか大変でした。
帰国前に『アメリカ人の彼氏がいる。』と報告してからの両親は、明らかに拒絶。
彼を伴って帰国すると言っても、『家には泊めない!』なんて言われてしまうし・・・。
帰国するまでは憂鬱な日々を過ごしていました。
一番喜んで欲しい両親に受け入れてもらえない悲しさや、
会う前からこれでは彼や彼の両親にも申し訳ないという気持ち、
いっそのこと両親とは会わせない方が良いのだろうかとも考えました。
そんな不安定だった私を助けてくれたのは、
語学学校のクラスメートとやっぱり彼でした。
クラスメートからは、『両親は私の幸せを何より願っている』と、
私が忘れかけていたことを気づかせてくれました。
私と私の周りにいてくれる人は皆、
私が幸せになるという、同じゴールを目指しているけれど、
ゴールに向かうルートが違うことが間々あるんですよね。
誰も私の不幸なんか望んではいない。そんな当たり前のことに
改めて気づいたときから、正面から向き合おうと決めたのでした。
私が今幸せでいること。彼は素晴らしい人で、一緒に生きて生きたいこと。
それを両親に話さないとね。わかってもらえなさそうだからと
逃げてしまうこともできたけれど、そうしなくて本当に良かったです。

不安で面倒くさくなった時に彼と話したのは・・・

ねぇ・・・。私の両親は君を気持ちよくは迎えられないみたい。
嫌な思いをするだけなら、今回は一緒に日本へは行かないで、
時機をみて後日来ることにしてはどうかな?

i今君だけを帰国させたら、もう戻ってこれなくなると思う。
ご両親に僕のことを見てもらう前に時間をおいても意味がないと思うんだ。
でも会う前に一つだけ聞いておきたいことがあるんだ。
もし、ご両親が僕達のことをすごく反対したとして、僕か家族かを
選ばなければならない時、僕を選んでくれる?

想像して少し恐くなってしまったけど、私は彼についていくと頷いた。
そっか。それならやっぱり今回会うことにしよう。
会って、僕達を見てもらおう。
僕一人でもこれから君を幸せにするよう頑張るけれど、
僕がどんなに頑張っても、君と家族との心が離れてしまっていたら
その幸せは100%じゃなくなっちゃうと思うんだ。
だからできるだけのことはしよう。それでもダメならそのときに諦めよう。

この言葉でどんなに救われたかしれません。
彼は私に欠けている部分を持っている人なんだな、とも思いました。
彼と一緒なら、誰とだって向き合える。そう思えました。
[PR]
# by toco_22 | 2006-10-23 18:54 | 彼とのこと

お久しぶりです

ずいぶん長い間放置してしまった私のブログですが、
彼とは仲良く続いています。
9ヶ月間の英会話コースも終え、これからのことを
真剣に考えなければいけない時です。
私が一番したいこと。それはやっぱり彼と生きていくことです。
アメリカに来る前は、上手くやっていいけるかどうか不安で仕方なかったのに、
あっという間に1年近く経っていて、気づけば彼との生活が当たり前になりました。
もちろん、ケンカもするし、近くにいるからこそ出る甘えが出たりで、
毎日が完璧!なわけじゃないですけどね。
また、ぼちぼち書き始めようと思います。

私がサボっていた間にブログを閉鎖された方もいて、
寂しい気持ちもありますが、
一時でもこの場で交流があった皆さんがどうか幸せな毎日を
過ごされていますように。
[PR]
# by toco_22 | 2006-06-08 06:19 | 私のこと

ダメナカレシ

帰国してから1週間。ようやく彼とチャットする時間が取れた。
相変わらずチャットの待ち合わせをしない私達は、
お互いがログインしていればチャットするというスタイル。

久しぶりに話せたのに、けんかしちゃった・・・。
来週の火曜日にはまたアメリカへ戻る(行くかな?)のだけど、
彼は迎えに来られないと言う。
正直がっかりした。
彼には仕事があるから、予想はしていた。だから何度も確認したのにな。
『仕事がありそうなら便をずらそうか?それとも他に帰る方法を調べた方が良いかな?』
一時帰国の航空券を手配する時、アメリカを発つ時、何回もそのことを訊いたのに、
その度に彼は『心配しなくて大丈夫だよ。アメリカでは空港に恋人を迎えに行くのは当たり前だから、ボスに話しさえすれば休みか、すくなくともその時間は抜けることができる。』
そんなこと言ってくれてたくせに!
今回の一時帰国で、冬服を持って行くつもりなので荷物は大きくなるだろう。
だから路線バスを使うのは勘弁願いたい。そうなるとタクシー?いくらかかるのか・・・。

これを聞いて不機嫌になる私。我侭だってわかっていたのに、関係のないことまで
愚痴り始めちゃった・・・。
愚痴を言いながら心の中で声がする。
『お~い、これは言いすぎだし関係ないことだよ!?』
彼が謝って、大好きだよって言ってくれても、
いつもみたいに私もだよと言えない。

『ダメだ・・・。明日にでもメールして仲直りしよう。』そう思っていたのに、
帰ってきてPCを開いたら彼からのオフラインメッセージが入っていた。

2人とも寂しい時なのになんで普通の話ができない?
もうどうして良いかわからない。
毎回責められる度に自分がダメな彼氏だと感じるよ。もう嫌だ。


そんなに責めたつもりはないけど、彼は傷ついていたのかな・・・。
こんなふうに言われちゃうと、私からは何も言えなくなっちゃうな。
彼に不満を言って責めるよりずっと多く、
彼の素敵なところを褒めて大好きだと伝えているはずだけど、
今の彼はそんなこと忘れてるのかな。
私にとっては君は『完璧』なんだよ。
これくらいの行き違いで悲しくなんかならないで!

でも私も甘えちゃったんだよね。
そばにいることにもう慣れちゃったのかな。
君と過ごすことや、君の優しさが当たり前になったとして、
慣れることは感謝する気持ちを忘れることじゃないのにね。

明日は心をこめて愛してると言おう。
[PR]
# by toco_22 | 2005-09-11 21:45 | 彼とのこと

未来のことを話そうか

彼と一緒に過ごすようになって、大きく変わったことがある。
それは彼の態度。
今までは口にしなかったI need you.とふとした時に言ってくれたり、
(I need you は君が居ないと何もできないみたいで言いたくないと、頑なに拒否していた。)
将来のことを積極的に話すようになってきた。

私が留学している1年は、同棲するわけで、彼との生活『お試し期間』でもある。
ダンとアナとの4人の生活なので、純粋な同棲とは少し違うかもしれないけれど、
毎日同じ部屋で寝起きして、生活するためにお金を遣うことや、掃除や洗濯や
食べることとといった、生活そのものの今まで見えなかった部分が見えてくる。
小さな食い違いはもちろんあるけれど、とっても上手く行っている。

そんな彼との将来、結婚したらどこに住む?
私は当然のようにアメリカか日本のどちらかしかないと思っていた。
彼の提案があるまでは・・・。

tocoは語学学校が終わって、俺の修行が終わった後はどうしたい?
うーん。Tが修行している間は、両親の元に住まわせてもらいながら仕事をすると思うけど、
その後はどうかな・・・。私はアメリカに住むほうが良いと思ってるんだ。
日本ではね、今みたいにゆっくりとした生活は難しいと思うよ。
それに、私にとってはキャリアはそんなに大切なものじゃないの。
でもTにはやりがいのある仕事が必要だと思うし、良い仕事をするならアメリカの方が
良いと思うんだ。

そっか・・・。でもね、『俺のためにどうか』じゃなくて、tocoが何をしたいか考えてみて?
ん~。2人で今みたいな毎日を送りたい。
そうだね。そのために、君は何をしたい?できるかできないかじゃなくて、
したいことを考えてみて。

アメリカで仕事をするのは正直難しいと思ってるし、仕事をしなくても生活ができるなら、
仕事したくないかも・・・。でも、それじゃなんだか物足りないような気もするし・・・。
かといって日本での生活もな~。
どちらかといえば、アメリカでの生活がイメージできるな。
Tと一緒に暮らす以外に、何がしたいかはまだよくわからないけど・・・。

そっか。ま、まだ時間はあるしね。考えてみてね。
仕事はね、したほうが良いと思うよ?お金のことだけじゃなくて、
君は学校があると張り切って、良い結果を出せるのに、
学校が終わった今、予定がないと一日中だらっとしちゃうでしょ?

うぅ・・・。図星
それから、タイか韓国に住んで、お互い英語と日本語の教師になるっていうのはどう?
アメリカか日本のどちらかだけが選択肢じゃないってこと。
とにかく色々な可能性を考えてみようね。

へ?

目からうろこだった。
アメリカか日本。それ以外の国に住むということが選択肢にあったとは・・・。
もちろん日本語を教えた経験もスキルもないけれど、そういうの悪くないかも。

その前に、語学学校が終わった後だけど、私はアメリカに残ってコミュニティーカレッジに
進みたいと考え始めた。1年間の語学学校で折角少し英語が話せるようになっても、
それだけじゃなくて、アメリカで簡単な仕事ができるくらいにはなりたいと欲が出てきたのだ。
まぁ、その費用は全くないわけなんですが・・・。

とにかく、将来のことを積極的に考えられる相手であると、認めてくれたんだね。
これから少しずつ考えてみなくっちゃね。
[PR]
# by toco_22 | 2005-09-02 07:08 | 彼とのこと

お久しぶりです・・・

こちらに到着してから一度も更新していないというテイタラクにも関わらず、
毎日数人の方が訪れてくださっているのですね。ありがとうございます!
このブログは遠距離恋愛のせつなさや国際恋愛について思うところを
綴ってきましたが、私がアメリカに留学している今、ここにその後を記すのは
当初の思いや主旨とは違ってしまいます。そこで、留学に関するブログを
別に立ち上げました。
オリンピアに舵を取れ!です。こちらにも『!』をくっつけてみました。
もしよろしければ遊びに来てくださいね。

こちらのブログは写真もたくさんアップしますし、家族にも公開するつもりなので、
コメントはお受けしない形をとりました。
もしコメントをいただけるようでしたら、こちらにコメントくださいね!

気付けば1年以上続けてきたこのブログ、一度閉鎖することも考えましたが、
今後も彼とのことはこちらのブログに書きたいと思っております。

出発にあたり、たくさんのコメントを頂きまして、本当にありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いします!

2005.9 toco
[PR]
# by toco_22 | 2005-09-02 06:08 | 留学のこと